FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
虫刺され対策!
気候もよくなり、ピクニックやBBQなどの屋外のレジャーも多くなる季節ですが、
かかせないのは、紫外線対策 、そして、虫よけ対策 ですね。

私は良く蚊にさされます・・・そして、我慢できず掻きむしり、痕に残ってしまった・・・なんて経験があります。

そこで 身近な薬草や天然素材を活用してできる、虫よけ、虫刺され対策をご紹介します。


「乾燥みかんの皮が天然の蚊取り線香に」
蚊は柑橘類の持つニオイ成分「リモネン」を嫌うため、乾燥させたみかんの皮 を燃やした煙が、蚊よけになると言われています。
皮は水分が残っていると、途中で火が消えてしまうので天日干しか、電子レンジにかけて完全に乾かして使用しましょう。

精製水と消毒用エタノール、ハッカ油で作る 「ハッカ水」 も虫よけ効果があります。

他にも、ゼラニウムやラベンダー、レモングラスの香りにも同じ効果が期待できます。


「よもぎ の汁で虫刺されのかゆみを緩和」
蚊に刺されてしまったら、よもぎのしぼり汁をつけるとかゆみを緩和してくれます。
これは蚊の唾液に含まれる酸をアルカリ性の汁で中和してくれるからだとか。
どくだみやニラにも、同じ効果があります。

ただし、何に刺されたか分からなかったり、蜂に刺されてしまった場合は、すぐに病院へ行きましょう。

ちなみに5月から初夏にかけて採取できるどくだみは、虫よけ以外にも便秘改善効果も。
どくだみ を水洗いした後、風通しの良い場所で陰干しし、ざく切りして沸騰したお湯に入れ、煮出したものがどくだみ茶。
民間薬として利用されています。 




Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

☆niko

Author:☆niko
☆niko
北千住、H&T事務所より。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク