FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
眼障害って?
コンタクトレンズ  を使用する方も増えている為、眼のトラブルをかかえる人も多くなってきました。
自分の視力に合わないものを使用したり、使用方法を守らずにコンタクトを使用していると、目に傷が付いたり、視力が低下(失明)することもあります。
コンタクトの使い方について、もう一度見直してみましょう。
眼障害にはどのようなものがあるのでしょうか・・・ 

角膜びらん
痛みがあり、目が充血し、涙が出ます。
角膜上皮がはがれて、角膜実質がむき出しになった状態です。
コンタクトレンズ装用による酸素不足や外傷、異物飛入などが原因です。

角膜潰瘍
視力低下、痛み、充血、涙が出ます。
角膜上皮がはがれて、角膜実質にも濁りや傷がついている状態です。
角膜びらんよりも重症で、放置しておくと失明にいたる場合もあります。
コンタクトレンズ装用による感染(細菌、ウイルス、かび、原虫)が主な原因です。

角膜新生血管
充血、ときによっては異物感があります。
酸素不足を補うために本来血管のない角膜へ血管が新生・侵入する状態です。
コンタクトレンズ装用による慢性的な酸素不足が原因です。

巨大乳頭結膜炎
異物感、充血、目やに。
上まぶたの裏側に「乳頭」という直径1mm以上のぶつぶつができる状態です。
コンタクトレンズの汚れや刺激によるアレルギーが原因となります。

このように、使用方法を間違えると、恐ろしい眼障害になってしまうこともありますので、
便利なコンタクトレンズを快適に使いこなせるよう、適正な使用方法を守り、眼障害にならないように気をつけましょう。


Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

☆niko

Author:☆niko
☆niko
北千住、H&T事務所より。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク